4STYLE  /  1.   15歳の恋



中等部でテニス部だった私は、高等部に進学すると美術部に入った。

思いっきり体育会系の私が、突然美術部に入部しても誰も不思議がったりはしない。
高等部の美術担当、桐野先生は1年以上前から私の王子様。

私だけじゃない。
桐野先生に憧れている生徒は多い。

女子校のなかで若い男の先生は目立つ。
その上、桐野先生は「王子様タイプ」の容姿で、学校中の女子を集めても綺麗という言葉が一番似合う男性だ。

自分でもわかっている。
アイドルグループを追っかけているような現実感のない恋。

桐野先生の為に興味の無い美術部に入ったというのに、先生とはろくに話した事もない。
40人近くいる美術部員の大半は私のような桐野ファン。
30歳の先生から見ればガキが群れてキャーキャー騒いでいるだけでうっとうしいのだろう。

先生はいつもみんなの視線を避けるように、一人美術準備室にこもって自分の作品と向かい合っていた。



【→次へ】

4STYLE もくじ

1 - 15歳の恋
2 - 美術準備室
3 - 綿パン白ブラしかないけど。
4 - ジャガーXJ4.0
5 – Rhythm of pencil
6 – キス、キス、キス
7 – バジルとモッツァレラチーズのトマトソースパスタ
8 – 絵の中の少女
9 – 妄想
10 – 真羽
11 – コンドーム
12 – 照り焼きチキンのバゲットサンド
13 – 上へ、上へ
14 – ベッドルーム
15 – 宿題
16 – 勉強
17 – 勉強のご褒美 その1
18 – 勉強のご褒美 その2
19 – 勉強のご褒美 その3
20 – クレーマーは玉砕される。
21 – On the display
22 – 迷子の、迷子の。 23 – ほうれん草とベーコンのキッシュ
24 – 視姦
25 – バージン・ブルー
26 – プシュケ
27 – 招かれた侵入者
28 – 事後
29 – 先生の話
30 – 眠りから再生へ
31 – 先生と生徒 at 美術準備室
32 – 先生と生徒 on the ダイニングテーブル
33 – 暴言と暴力
34 – フェンスに絡まったダンサー
35 – 3人でテレホォンセックスは無理。
36 – 3 STYLE
37 – HAPPY BIRTH DAY
38 – ルイ君の失踪
39 – 見下ろす絶景、見上げる絶景
40 – ルイ君の結婚
41 – 半熟卵のロコモコ丼
42 – English Lesson
43 – 4 STYLE
44 – 最終章
45 – 最終章のその後
46 – あとがきと裏設定



著作権について

当サイトの小説の著作権は筆者である 青井 千寿 に帰属します。








inserted by FC2 system